サラリーマンのIPO当選 & ほったらかし投資日記

サラリーマンの主人と私のIPO申込、当選、収入の日記。 不動産、太陽光発電、自販機などの副業・副収入「ほったらかし投資」も記していきます。

◆JR九州10月上場 時価総額5000億円規模

上場 code 銘柄 BB期間 公開株数 想定
価格
公募
価格
BB
予定
8/2 3741 三井不動産ロジスティクスパーク投資法人 7/19-7/22 212,800 250,000 -  
7/29 3740 マリモ地方創生リート投資法人 7/13-7/20 88,500 100,000 -  
7/28 6531 リファインバース 7/12-7/19 164,800 1,700 -
7/21 3469 デュアルタップ 7/4-7/8 440,000 1,060 -
7/21 6200 インソース 7/4-7/8 1,950,000 520 -
7/15 3938 LINE 6/28-7/8 35,000,000 2,800 3,200
7/1 6199 セラク 6/16-6/22 814,000 1,360 1,500
6/29 6197 ソラスト 6/14-6/20 9,835,000 1,270 1,300 ×
6/29 3543 コメダホールディングス
【当選】
6/13-6/17 26,700,000 1,960 1,960
6/28 3542 ベガコーポレーション 6/10-6/16 840,000 1,440 1,600
6/27 6198 キャリア 6/10-6/16 495,000 1,850 1,950
6/23 6193 バーチャレクス・コンサルティング 6/6-6/10 1,084,000 1,030 1,090
6/21 6196 ストライク 6/6-6/10 227,500 2,940 3,440
6/22 7187 ジェイリース 6/6-6/10 285,000 3,100 3,100
6/21 3937 AWSホールディングス 6/2-6/8 110,000 2,400 2,490
6/16 3541 農業総合研究所 6/1-6/7 370,000 1,010 1,050
6/17 2820 やまみ 5/31-6/6 1,070,000 1,690 1,690 ×
6/15 6194 アトラエ 5/31-6/6 224,000 5,030 5,400
6/15 6195 ホープ 5/30-6/3 268,500 1,400 1,400

◆JR九州10月上場 時価総額5000億円規模

先日、JR九州 10月上場へ本申請 時価総額5000億円規模、との記事が出てました。
昨年は日本郵政への対応が成果に大きく影響しました。JR九州はどうなるのかな。

-----

JR九州、10月上場へ本申請 時価総額5000億円規模
日本経済新聞

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB30HGD_Q6A630C1000000/

九州旅客鉄道(JR九州)が30日に東京証券取引所に株式上場を本申請したことが分かった。審査が順調に進めば、10月に東証1部に上場する。時価総額は5000億円規模の見通しで、7月に上場する対話アプリのLINEと並ぶ年内の大型新規株式公開(IPO)になる。JR各社の中で赤字路線が多い北海道、四国、九州の「三島会社」の上場は初めて。

-----

新電力

格安スマホ/ふるさと納税

-日記